コロナで宅食!家族団らん子どもと楽しむ最適メニュー大公開

今こそ!おうちでイベントごはんをやってみよう!
外出自粛生活が続いています。1日3食家族の分を作るのは本当に大変…家計を考え、買い物に出る回数も控えながら、メニューを考えるのにも疲れてきていませんか?

外に出て遊ぶことも制限されてしまうこの時期、食事を遊びの一つと考えて、たまには子どもと一緒にイベントごはんを楽しんでみてはいかがですか?

男の子二人を育てたママから、楽しいごはん時間の提案です。

 

1・用意も簡単!なんでも手巻きパーティ

すし飯とのりを用意して、卵焼き、キュウリやレタス、カイワレ、かにかまやツナマヨ(ツナ缶マヨネーズ和え)、鮭フレークや、梅干し、残っていた前日のおかずなども(!)一緒に並べて、巻き巻きしちゃいましょう。もちろん、お刺身があればぐんと豪華さは増しますが、中に入れる具材はこの際何でもOK。

野菜を洗う、切る、具材を並べる等、お子さんにお手伝いしてもらいやすく、家にある材料でも楽しめます。自分で作って食べるイベント感を子ども達と楽しんじゃいましょう。

小食のお子さんには、酢飯だけで具のない巻物を作り、一口大にカットして、その上に具材をちょこんと乗せて一口軍艦のようにすると食べやすいです。

がっつり食べるお子さんには、恵方巻のように、大きな海苔で一本の巻物を作ってかぶりついて食べるのも楽しいですね。この太巻きは楽しくおしゃべりしながらどうぞ!

 

2・自分でデコレーション!ホットケーキタワー

ホットケーキミックスを混ぜるなら小さな子どもでも一緒にお手伝いできます。

ホットプレートに大さじ1杯~2杯くらいの小さなホットケーキをたくさん作り、食べられる量を重ねてトッピングします。ホイップクリームとフルーツがあれば贅沢なカフェ気分!ジャムやバターを挟んだり、チョコスプレーやアラザンを飾るとプチケーキのようにもできます。ホットケーキはできるだけ小さく作る方が、焼けるのが早く、重ねたり、挟んだりするのに子ども達が扱いやすいです。

旗を立てたり(旗も手作り国旗にすると時間が稼げます)、チョコペンでお絵かきをするのもかわいいです。自分で作ったケーキタワーを写真に収めたら、後々の思い出にもなりますよ。

 

3・お家でこねこね、ピザパーティ!

強力粉と小麦粉、塩とオリーブオイルだけでクリスピーなピザ生地が手作りできます。子ども達と一緒に粘土遊びみたいにこねこねぎゅっぎゅっとおいしい生地を作ったら、後はお好みでトッピング。ピザソース(ケチャップでも可)をぬって、スライスしたウインナーやベーコン、お好みの野菜と一緒にチーズを乗せて、トースターで10分焼けばおいしいお手軽ピザの出来上がり。じゃがマヨのピザや、照り焼きチキンピザ、上に乗せるものが変われば、どんどん食べられちゃいます。

レトルトのカレーやパスタソース(ミート、トマト、クリーム系など何でも)をピザソースの代わりにぬって、お好みの具材をトッピングしてもおいしいです。

生地から作るのは面倒だなというときには、食パンを使ったパンピザ、余ってしまった餃子の皮を使ったミニピザも手軽でおススメです。

最後に、果物を乗せたフルーツピザ、チョコとマシュマロのデザートピザまで出てきたら、メインからデザートまで、スペシャルなピザパーティができます。

 

4・定番のカレーをアレンジしてみよう!

メニューに悩んだらカレー、というお宅も多いはず。(かくいう我が家がそうです。)楽だからと毎回同じでは、家族からもブーイングが出るので、たまにはカフェカレー風アレンジにチャレンジしてみましょう。

作り方は簡単。市販のルーを指定の分量の水で溶かして、具のないカレー汁にします。

玉ねぎ、ニンジン、じゃがいも、なす、パプリカ、かぼちゃ、れんこん、キノコ類などのお好みの野菜と、お肉(鶏、豚など何でも)を一口大(サイコロステーキ風だとおしゃれ)に切って、火が通るように焼いておきます(グリルを使うと簡単です)。ご飯を盛り、カレー汁をかけ、その上から野菜を見栄えよくトッピングします。子ども達には野菜を切ってもらったり、ルーを混ぜてもらったり、トッピングをしてもらったりしましょう。

 

5・まとめ

普段と同じメニュー、同じ具材でも、盛り付けが変われば、とたんに目新しく見え、楽しく食べることができます。メニューサイトには、お手軽メニューもたくさん掲載されています。思うように外出もできないこの時期は、子ども達と一緒に食べることを楽しんでくださいね。

 

メニュー参考サイト  クックパッド https://cookpad.com/

楽天レシピ  https://recipe.rakuten.co.jp/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました